「面倒くさい女たち」河合薫著

公開日:  更新日:

 世の中の女性たちが同性にさえ「面倒くさい」と思われているのはなぜか。なかなか公言できない問題に迫るテキスト。

 リーダーシップや自尊心、協調行動など、さまざまな面で男女差があるといわれてきたが、統計的に検討した結果ではその差は認められず、最近話題の「男脳・女脳」も有意差はないという。

 しかし、職場ではうんざりするほどの女性問題が存在するのはなぜか。それは多数派の男性が、目に見えない結束力で少数派の女性を特別視するからだと著者は指摘。多数派には多数派の規範があり、それを逸脱する少数派の言動が「面倒くさい」のだと。それを「ババアの壁」と名付け、なぜ女性上司は女性部下に厳しいのか、なぜ女の会議は長いのかなどのケースを分析しながら、その発生原因や解決法を考える。

(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る