「男娼」中塩智恵子著

公開日: 更新日:

 前著「風俗嬢という生き方」で、風俗嬢とその業界について取材をしていくなかで、著者の興味は次第に男娼へと移っていったという。ここでいう「男娼」とは、性サービスに携わる男性および性自認は女性で生物学的には男性のニューハーフ。職種としては、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルスの3つが紹介されている。

 登場するインタビューイは、3職種の計10人。経歴は35歳で出張ホストに転じた元社長、国立大学医学部に合格したにもかかわらず医者の道には進まなかった子持ちのウリセンバーオーナー、児童養護施設で同級生や先輩に犯されて自らの性自認を意識した「男の娘」、46歳でニューハーフヘルスにデビューした元大手企業の会社員……と多様。そして、そこへ通ってくる女性・男性のなかには、セックスの悩み(夫婦間や男性恐怖)を抱えていたり、孤独の殻に閉じこもっている人が多いという。

「男娼」という性サービスの実態に迫った貴重なノンフィクション。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る