「男娼」中塩智恵子著

公開日:  更新日:

 前著「風俗嬢という生き方」で、風俗嬢とその業界について取材をしていくなかで、著者の興味は次第に男娼へと移っていったという。ここでいう「男娼」とは、性サービスに携わる男性および性自認は女性で生物学的には男性のニューハーフ。職種としては、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルスの3つが紹介されている。

 登場するインタビューイは、3職種の計10人。経歴は35歳で出張ホストに転じた元社長、国立大学医学部に合格したにもかかわらず医者の道には進まなかった子持ちのウリセンバーオーナー、児童養護施設で同級生や先輩に犯されて自らの性自認を意識した「男の娘」、46歳でニューハーフヘルスにデビューした元大手企業の会社員……と多様。そして、そこへ通ってくる女性・男性のなかには、セックスの悩み(夫婦間や男性恐怖)を抱えていたり、孤独の殻に閉じこもっている人が多いという。

「男娼」という性サービスの実態に迫った貴重なノンフィクション。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る