「引火点」笹本稜平著

公開日:

 警視庁組織犯罪対策部のマネーロンダリング対策室の樫村恭祐は、超高級オフィスビルから出てきた村松裕子に声をかけた。仮想通貨の取引所、ビットスポットのCEOだ。違法薬物の売上金の出し入れに関与している疑いがあったが、村松は冷静に対応した。後日、樫村は村松からストーカーに悩まされているとの相談を受けた。非公開の個人用のアドレスに、「フロッグ」を名乗る発信者がCEOを降りろとメールを送ってくるという。村松はホテルに避難したが、その留守宅で火災が起きる。バーチャルな世界の犯人が、リアルな世界に姿を現したのだ。

 CIAも関わる大規模な経済犯罪に、警視庁マネロン室の刑事が挑む。

(幻冬舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る