• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失踪都市 所轄魂」笹本稜平著

 主人公は、警視庁捜査1課という花形部署から、城東署の刑事・組織犯罪対策課にやってきた葛木邦彦。仕事にのめり込み家庭を妻まかせにしていた3年前に、妻がくも膜下出血で倒れて帰らぬ人に。喪失感に襲われた邦彦は、所轄への異動を自ら申し出た。息子の俊史も同じ警察官の道を歩んでいるが、出世に見切りをつけた邦彦とは対照的にキャリア組として27歳にしてすでに警視となり、着々と出世街道を歩んでいる。

 そんなある日、以前老夫婦が住んでいた空き家で男女の白骨死体が発見された。当初、老夫婦が老老介護の末に衰弱死したのかと思われたが、殺人事件の疑いがあることもわかってくる。しかも、ほかに何組もの高齢者が行方不明になっていた。邦彦は息子とともに捜査に乗り出すが、なぜか上層部は捜査妨害を始める。事件の真相に迫ろうとするふたりは、失踪事件の先に何を見つけたのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る