日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失踪都市 所轄魂」笹本稜平著

 主人公は、警視庁捜査1課という花形部署から、城東署の刑事・組織犯罪対策課にやってきた葛木邦彦。仕事にのめり込み家庭を妻まかせにしていた3年前に、妻がくも膜下出血で倒れて帰らぬ人に。喪失感に襲われた邦彦は、所轄への異動を自ら申し出た。息子の俊史も同じ警察官の道を歩んでいるが、出世に見切りをつけた邦彦とは対照的にキャリア組として27歳にしてすでに警視となり、着々と出世街道を歩んでいる。

 そんなある日、以前老夫婦が住んでいた空き家で男女の白骨死体が発見された。当初、老夫婦が老老介護の末に衰弱死したのかと思われたが、殺人事件の疑いがあることもわかってくる。しかも、ほかに何組もの高齢者が行方不明になっていた。邦彦は息子とともに捜査に乗り出すが、なぜか上層部は捜査妨害を始める。事件の真相に迫ろうとするふたりは、失踪事件の先に何を見つけたのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事