• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海洋冒険大作を上梓 笹本稜平氏に聞く

 エベレストやヒマラヤを舞台とした、スケールの大きな山岳小説を多数手がけてきた著者。一方、海洋冒険小説は、大藪春彦賞を受賞した「太平洋の薔薇」以降、書く機会に恵まれなかったという。そして今回、10年ぶりに“海を舞台に”との依頼を受けて書き上げた最新作「遺産 The Legacy」(小学館 1900円)は、400年前に太平洋のど真ん中に沈んだスペイン船の引き揚げを巡り、水中考古学者とトレジャーハンターがしのぎを削るという、迫力の長編小説だ。

「海運関係のライターをしていた経験がある私は、小説家の中で一番、船の知識を持っているんじゃないかと思うんです。クルーザーについて知っていても、私のように貨物船に詳しい人間はあまりいないはずです。日常生活には役に立ちませんが(笑い)。でも今回、太平洋に沈んだガレオン船(帆船の一種)を巡る攻防を描いたことで、かつての知識を生かすことができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る