海洋冒険大作を上梓 笹本稜平氏に聞く

公開日:  更新日:

 エベレストやヒマラヤを舞台とした、スケールの大きな山岳小説を多数手がけてきた著者。一方、海洋冒険小説は、大藪春彦賞を受賞した「太平洋の薔薇」以降、書く機会に恵まれなかったという。そして今回、10年ぶりに“海を舞台に”との依頼を受けて書き上げた最新作「遺産 The Legacy」(小学館 1900円)は、400年前に太平洋のど真ん中に沈んだスペイン船の引き揚げを巡り、水中考古学者とトレジャーハンターがしのぎを削るという、迫力の長編小説だ。

「海運関係のライターをしていた経験がある私は、小説家の中で一番、船の知識を持っているんじゃないかと思うんです。クルーザーについて知っていても、私のように貨物船に詳しい人間はあまりいないはずです。日常生活には役に立ちませんが(笑い)。でも今回、太平洋に沈んだガレオン船(帆船の一種)を巡る攻防を描いたことで、かつての知識を生かすことができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る