「日本型組織の病を考える」村木厚子著

公開日: 更新日:

 著者は09年、大阪地検特捜部による冤罪事件で半年近くの勾留生活を強いられた元厚労省官僚。事件では、検事によるでたらめな調書作成や証拠の改ざんなどが明らかになり、後の司法制度改革につながった。そんな当時の生々しい体験や、自らの公務員人生を振り返り、不祥事を繰り返す日本型組織の病理の本質を解き明かす。

 財務省による決裁文書の改ざんやセクハラ事件、日大アメフト事件などを例に、「間違いを認めない」「プライドが高い」「外との交流が少なく、同質性が極めて高い」など、不祥事を起こす組織の共通点を指摘し、その解決策を説く。さらに、公務員時代に取り組んだ課題や、退官後に始めた女性支援活動などを語りながら、村木流世直しの取り組み方を公開。

(KADOKAWA 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る