「日本型組織の病を考える」村木厚子著

公開日: 更新日:

 著者は09年、大阪地検特捜部による冤罪事件で半年近くの勾留生活を強いられた元厚労省官僚。事件では、検事によるでたらめな調書作成や証拠の改ざんなどが明らかになり、後の司法制度改革につながった。そんな当時の生々しい体験や、自らの公務員人生を振り返り、不祥事を繰り返す日本型組織の病理の本質を解き明かす。

 財務省による決裁文書の改ざんやセクハラ事件、日大アメフト事件などを例に、「間違いを認めない」「プライドが高い」「外との交流が少なく、同質性が極めて高い」など、不祥事を起こす組織の共通点を指摘し、その解決策を説く。さらに、公務員時代に取り組んだ課題や、退官後に始めた女性支援活動などを語りながら、村木流世直しの取り組み方を公開。

(KADOKAWA 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る