「学校では教えてくれない世界史の授業」佐藤賢一著

公開日: 更新日:

 このところ「世界史」に関連する本をよく目にする。政治・経済・文化その他、あらゆる場面でグローバル化が進み、いや応なく世界に組み込まれている現状の表れだろうか。ともあれ、よく考えてみると「世界史」というのはわかったようでわからない言葉だ。例えば、西洋史、東洋史、アフリカ史といった地域史を「連関のある統一的全体」として束ねれば世界史になるのか? どうもイメージしにくい。

 本書で語られる「世界史」は、「ユニバーサル・ヒストリー」である。一般的には「普遍史」と訳されるが、著者はその原義に立ち返り、「1つに(ユニ=ウニ)向けられた(バーサル=ウェルスス)」歴史を世界史とする。つまり、他を征服、一元的に支配して、自分以外のものを認めない歴史、換言すれば「自らが世界史になろうとしている歴史」だ。それを体現したのがアレクサンドロス大王の帝国、東西ローマ帝国、イスラム帝国、モンゴル帝国という5つの帝国だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る