「日本のヤバい女の子」はらだ有彩著

公開日: 更新日:

 昔話を換骨奪胎したものとしては、太宰治の「お伽草紙」が有名だが、昔話というのはよく読んでみると、ツッコミどころが多いことがわかる。たとえば福沢諭吉は「桃太郎」に対して、鬼ケ島から財宝を奪ってきたのは卑劣な行為だと批判している。本書は、昔話に登場する女性に的を絞り、彼女たちに背負わされてきた「果たすべき役割」から解き放ち、その「素顔」をのぞいてみようというユニークな試みだ。

 ベテラン大工の夫が寺の工事で誤った寸法で木を切ってしまった。途方に暮れる夫に素晴らしいアイデアで救ったのは女房のおかめ。ところが、それがおかめのアイデアと知れたら夫の名誉に傷が付く。そう思った彼女は、自害してしまう。でも、おかめは本当に死ぬ必要があったのか? もし現代だったら、アイデアを出したおかめが評価され、ザハ・ハディドと並ぶ女性建築家になったかも知れない。

 あるいは、夫婦になるという約束を破った安珍を追い詰め、鐘の中に隠れた安珍を大蛇に化身して焼き尽くした清姫。ストーカーまがいながらも、裏切られたことで尋常ならぬ力を得た清姫は、その力を糧に、安珍なんぞの情けない男に見切りをつけて、新たな道を歩むこともできたのでは?

 といった具合に、うぐいす女房、虫愛づる姫君、イザナミノミコト、かぐや姫、八尾比丘尼、乙姫、皿屋敷お菊、鉢かづき姫、織姫といった、総勢20人の「ヤバい」(無論プラス評価としての)女の子(動物・幽霊も含む)たちを物語の世界から引っ張り出して、その思いの丈を代弁したり現代女性に引き比べたりと、自在に論じていく。

 著者の筆になるキャリアウーマン風のおかめ、ボクサースタイルのイザナミといったイラストレーションもヤバくて、イケてる。

<狸>

(柏書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る