「本音化するヨーロッパ」三好範英著

公開日: 更新日:

 現在のヨーロッパは、難民危機やロシアの脅威などの外圧と、ユーロ危機やポピュリズムの台頭という内圧が相互に作用し、岐路に立たされている。そうした状況下でヨーロッパ各国のポピュリズム政党が躍進、中には政権に加わる国も出てきた。こうしたポピュリズムの動きを、扇動的な政治家に操られて起きている一過性の現象と見ると本質を見失うと著者は指摘する。外圧に直面した市井の人々がとっている防衛的な異議申し立てであり、いわば人間や国家の「本音化」ともいうべき現象だというのだ。

 分断の傾向を強めれば、ヨーロッパこそ世界の地殻変動の震源地となる可能性もあると警告する著者が、エーゲ海の国境沿岸警備機関の活動やドイツの右派ポピュリズム政党など、ヨーロッパ各地を取材したルポルタージュ。

 (幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

  10. 10

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

もっと見る

人気キーワード