「欲望の民主主義」丸山俊一、NHK「欲望の民主主義」制作班著

公開日:  更新日:

 イギリスのEU離脱に始まり、アメリカのトランプ大統領誕生や、フランスでの急進的な右翼の台頭など、近代国家を支えてきた民主主義の制度疲労とも思える現象が世界各地で起きている。

 民意という名の大義名分は、民主主義の理念からかけ離れ、目先の利益と自国の生き残りを優先し、社会の分断を引き起こしている。そんな世界を目の当たりにして、改めて現代の知性と呼ばれる識者に民主主義とは何かを問うたインタビュー集。

 各国で民主主義への熱意が薄れていった背景を分析するアメリカの政治学者ヤシャ・モンク氏をはじめ、揺れる社会の中で人々の心の問題に迫るフランス人哲学者シンシア・フルーリー氏らが、混迷する世界と、そこで起きている現象の深層に迫る。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る