「地下道の鳩」ジョン・ル・カレ著、加賀山卓朗訳

公開日: 更新日:

 イギリスのスパイ小説の巨匠が自らの破天荒な人生を振り返る回顧録。

 作家の人生は、生まれ落ちたその瞬間からドラマに満ちていた。父親のロニーは悪名高き詐欺師だった。父のお供で大金が飛び交うモンテカルロのカジノに出入りしたり、詐欺の片棒を担がされたりした体験が、まるで小説のように語られる。

 そんな父親から逃れるようにスイス・ベルンの大学に進学した氏は、イギリスの諜報機関に勧誘され、長じて、東西冷戦時代にMI5、MI6の一員として諜報活動に携わることになる。1960年代に二重スパイ事件でイギリスを揺るがせたキム・フィルビーなど、後々に作品のモデルや題材となる人々のエピソードや華麗なる交流録まで。創作の秘密が明かされるファン必読本。

 (早川書房 1180円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る