北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

協定(上・下)ミシェル・リッチモンド著羽田 詩津子訳

公開日: 更新日:

 不思議な小説だ。ジェイクとアリスは、結婚早々、「協定」に署名する。その「協定」とは結婚を永続的なものにしようとする同志の集まり、というのだ。

 悪いことではない。だから深く考えることもなく2人はサインする。渡されたマニュアルも読んでない。その43ページには「配偶者が電話してきたら、必ず出ること」と書いてあったり、「毎月配偶者に贈り物をすること」とあり、それだけなら特に問題もないようなのだが、続けて「罰則」という項があり、「同月内に贈り物をしそこなうことは3級犯罪として扱われる」とあるから、おやおやっとなる。

 ここでいう「犯罪」とはけっして比喩的なものではなく、本当に罰せられるのである。

 四半期ごとに旅行に行かない者は2級犯罪だ。それに違反したアリスは、厳密な観察対象にするために手首にブレスレットをはめられる。GPSが付いているのか、音声モニターが内蔵されているのか、その詳細はわからないが、次には首輪をはめられるから、常識を逸脱していることは否めない。

 すべては結婚を強化するためだというのだが、本物とそっくりの裁判にかけられ、刑務所に入れられ、拘束具を着けられるにいたっては、いくらなんでもやりすぎだろう。なんと退会も出来ないのだ。

 本書は、ある夫婦が見舞われたその悪夢のような体験を描いていくが、読み進むうちに結婚とはいったい何なのだろうと考えてしまう。それがこの小説の狙いだろう。

(早川書房 各1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る