「兄弟の血(上・下)」アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂・鵜田良江訳

公開日:

 2人の弟と銀行強盗を繰り返してきたレオは、6年の刑期を終えて出所。刑務所の前では母と弟のフェリックス、そしてかつて母を殺しかけた父親のイヴァンが出迎える。酒を断ち更生したイヴァンは、レオを立ち直らせようと待ち構えていたのだ。

 彼らの誘いを断ったレオは、獄中で練った計画を実行するため、すぐに行動に取り掛かる。逮捕前に隠していた武器や弾薬を掘り出したレオが向かったのは、一足先に出所した殺人犯のサムの家だった。サムの弟は、レオを刑務所に送り込んだあの刑事のブロンクスだった。2人はブロンクスに復讐を果たし、「存在しないもの」を手に入れるために現金輸送車襲撃計画に取り掛かる。

 スウェーデン発のミステリー「熊と踊れ」続編。

 (早川書房 各860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る