• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フィリップ・マーロウの教える生き方」レイモンド・チャンドラー著、マーティン・アッシャー編、村上春樹訳

 日本に、冒険小説、ハードボイルドというジャンルが確立されたのは1980年代。その精神的支柱となったのがレイモンド・チャンドラーであり、彼の分身であるフィリップ・マーロウだ。

 編者はチャンドラーが名文家であると共に、ひとつの道徳律を提示し、さらにそれが今日的意味を持っていることを強調する。たとえば「性欲は男を老けさせるが、女を若々しくさせるといわれる」「彼は毎晩お祈りを唱える代わりに、ブラックジャックに唾を吐きかけるような警官だった」などがそれ。

 本書には取り上げられていない作品の「高い窓」「プレイバック」の中からも言葉を拾い上げ、合わせて一冊とした珠玉の名言集。 (早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る