「フィリップ・マーロウの教える生き方」レイモンド・チャンドラー著、マーティン・アッシャー編、村上春樹訳

公開日: 更新日:

 日本に、冒険小説、ハードボイルドというジャンルが確立されたのは1980年代。その精神的支柱となったのがレイモンド・チャンドラーであり、彼の分身であるフィリップ・マーロウだ。

 編者はチャンドラーが名文家であると共に、ひとつの道徳律を提示し、さらにそれが今日的意味を持っていることを強調する。たとえば「性欲は男を老けさせるが、女を若々しくさせるといわれる」「彼は毎晩お祈りを唱える代わりに、ブラックジャックに唾を吐きかけるような警官だった」などがそれ。

 本書には取り上げられていない作品の「高い窓」「プレイバック」の中からも言葉を拾い上げ、合わせて一冊とした珠玉の名言集。 (早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る