「死刑囚」アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著、ヘレンハルメ美穂訳

公開日:  更新日:

 ストックホルム市警の警部・グレーンスは、フェリーの船上で起きた傷害事件を捜査。船上のダンス会場で乗客の顔を蹴った容疑で連行されたバンド歌手のジョン・シュワルツを、拘置所の独房に入れようとするとパニックを起こす。やがてジョンが持っていたカナダのパスポートが偽造と分かるが、ジョンを自称する男は名前も身元も明かそうとしない。インターポールを通じて各国に照会すると、男が18年前にアメリカのオハイオ州で少女を殺したジョン・マイヤー・フライの可能性が浮上する。しかし、ジョン・マイヤー・フライは刑務所内で死んだことになっていた……。

 スウェーデン発の人気社会派サスペンス「グレーンス警部」シリーズ第3弾。 (早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る