「死刑囚」アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著、ヘレンハルメ美穂訳

公開日: 更新日:

 ストックホルム市警の警部・グレーンスは、フェリーの船上で起きた傷害事件を捜査。船上のダンス会場で乗客の顔を蹴った容疑で連行されたバンド歌手のジョン・シュワルツを、拘置所の独房に入れようとするとパニックを起こす。やがてジョンが持っていたカナダのパスポートが偽造と分かるが、ジョンを自称する男は名前も身元も明かそうとしない。インターポールを通じて各国に照会すると、男が18年前にアメリカのオハイオ州で少女を殺したジョン・マイヤー・フライの可能性が浮上する。しかし、ジョン・マイヤー・フライは刑務所内で死んだことになっていた……。

 スウェーデン発の人気社会派サスペンス「グレーンス警部」シリーズ第3弾。 (早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る