「死刑囚」アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著、ヘレンハルメ美穂訳

公開日: 更新日:

 ストックホルム市警の警部・グレーンスは、フェリーの船上で起きた傷害事件を捜査。船上のダンス会場で乗客の顔を蹴った容疑で連行されたバンド歌手のジョン・シュワルツを、拘置所の独房に入れようとするとパニックを起こす。やがてジョンが持っていたカナダのパスポートが偽造と分かるが、ジョンを自称する男は名前も身元も明かそうとしない。インターポールを通じて各国に照会すると、男が18年前にアメリカのオハイオ州で少女を殺したジョン・マイヤー・フライの可能性が浮上する。しかし、ジョン・マイヤー・フライは刑務所内で死んだことになっていた……。

 スウェーデン発の人気社会派サスペンス「グレーンス警部」シリーズ第3弾。 (早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る