「タンジェリン」クリスティン・マンガン著、府川由美恵訳

公開日: 更新日:

 1956年、アリスは新婚の夫・ジョンに連れられ独立の機運に満ちたモロッコ・タンジールで暮らし始める。しかし、異国の生活になじめず、夫との関係もうまくいかないアリスの前に、ある日、大学時代のルームメート・ルーシーが姿を現す。1年前に2人の間に起きたことが、まるでなかったように振る舞うルーシーの真意が分からない。一方のルーシーは、アリスを一目見て、彼女の身に何かが起こりつつあることを察する。夜、3人で出かけたジャズクラブで、ルーシーはカウンターに移動したジョンがアリスの死角で女性と仲むつまじくしている姿を見てしまう。

 異国の地でお互いの腹を探りあう2人の女性の心理戦を描いた長編サイコスリラー。 (早川書房 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る