「タンジェリン」クリスティン・マンガン著、府川由美恵訳

公開日:

 1956年、アリスは新婚の夫・ジョンに連れられ独立の機運に満ちたモロッコ・タンジールで暮らし始める。しかし、異国の生活になじめず、夫との関係もうまくいかないアリスの前に、ある日、大学時代のルームメート・ルーシーが姿を現す。1年前に2人の間に起きたことが、まるでなかったように振る舞うルーシーの真意が分からない。一方のルーシーは、アリスを一目見て、彼女の身に何かが起こりつつあることを察する。夜、3人で出かけたジャズクラブで、ルーシーはカウンターに移動したジョンがアリスの死角で女性と仲むつまじくしている姿を見てしまう。

 異国の地でお互いの腹を探りあう2人の女性の心理戦を描いた長編サイコスリラー。 (早川書房 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る