「全国マン・チン分布考」松本修著

公開日:

 女陰・男根語をテーマにした面白リポート。

 1990年代初め、全市町村の教育委員会へのアンケートで、女陰・男根語に関する語彙(ごい)と文法の方言を調査。その結果、京を中心にきれいな多重の円を描く「周圏分布」をしていることが分かった。つまり、方言の多くは、地方で独自に生じたものではなく、京の都のはるか昔の遺風を受け継いでいるのだという。

 17世紀初め、ポルトガル人宣教師が作った「日葡辞書」には「ボボ」「ツビ」「ソソ」「ヘヘ」の4語の女陰語が掲載されている。まずはこれらの女陰語が、いつ頃から使われるようになり、そして現代の「オマ×コ」へと変化していったのかを膨大な史料を提示しながら解説するなど、大真面目でアソコの呼称について論じる。

(集英社インターナショナル 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る