勃起障害で心血管疾患が65%増!?

公開日: 更新日:

「近頃めっきりアソコの勃ちが悪くなった……」。こんなとき、中高年期を迎えた日本人男性は、“トシだから仕方がない”と受け入れてしまう。しかし、これが寿命を左右する可能性もあるとしたら、あっさりと諦めてはいられないはずだ。

 小堀善友著「オトコの『性』活習慣病」(中央公論新社 800円+税)では、臨床経験豊富な泌尿器科医が、男性性機能障害の最新情報を徹底解説している。

 勃起障害に関する日本人の有病患者数は、時々勃たなくなる中等度EDが870万人、完全EDが260万人といわれている。EDは加齢とともに増加するため“トシのせい”というのは間違いではないが、その背景には動脈硬化が隠れている場合も多い。

 ペニスの動脈の太さは1~2ミリで、心臓の半分以下と非常に細い。つまり、動脈硬化の影響を受けやすく、血流が阻害されることで海綿体に血液が流れ込みにくくなり、勃起が困難になるわけだ。勃起障害のある男性とない男性を比較すると、10年以内に前者が心血管疾患を患うリスクは後者より65%増、脳血管疾患では43%増というデータもある。勃起障害は重篤な血管系疾患の前兆現象でもあり、寿命に“イエローカード”が出された状態だと本書は警告する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る