• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勃起障害で心血管疾患が65%増!?

「近頃めっきりアソコの勃ちが悪くなった……」。こんなとき、中高年期を迎えた日本人男性は、“トシだから仕方がない”と受け入れてしまう。しかし、これが寿命を左右する可能性もあるとしたら、あっさりと諦めてはいられないはずだ。

 小堀善友著「オトコの『性』活習慣病」(中央公論新社 800円+税)では、臨床経験豊富な泌尿器科医が、男性性機能障害の最新情報を徹底解説している。

 勃起障害に関する日本人の有病患者数は、時々勃たなくなる中等度EDが870万人、完全EDが260万人といわれている。EDは加齢とともに増加するため“トシのせい”というのは間違いではないが、その背景には動脈硬化が隠れている場合も多い。

 ペニスの動脈の太さは1~2ミリで、心臓の半分以下と非常に細い。つまり、動脈硬化の影響を受けやすく、血流が阻害されることで海綿体に血液が流れ込みにくくなり、勃起が困難になるわけだ。勃起障害のある男性とない男性を比較すると、10年以内に前者が心血管疾患を患うリスクは後者より65%増、脳血管疾患では43%増というデータもある。勃起障害は重篤な血管系疾患の前兆現象でもあり、寿命に“イエローカード”が出された状態だと本書は警告する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る