勃起障害で心血管疾患が65%増!?

公開日:  更新日:

「近頃めっきりアソコの勃ちが悪くなった……」。こんなとき、中高年期を迎えた日本人男性は、“トシだから仕方がない”と受け入れてしまう。しかし、これが寿命を左右する可能性もあるとしたら、あっさりと諦めてはいられないはずだ。

 小堀善友著「オトコの『性』活習慣病」(中央公論新社 800円+税)では、臨床経験豊富な泌尿器科医が、男性性機能障害の最新情報を徹底解説している。

 勃起障害に関する日本人の有病患者数は、時々勃たなくなる中等度EDが870万人、完全EDが260万人といわれている。EDは加齢とともに増加するため“トシのせい”というのは間違いではないが、その背景には動脈硬化が隠れている場合も多い。

 ペニスの動脈の太さは1~2ミリで、心臓の半分以下と非常に細い。つまり、動脈硬化の影響を受けやすく、血流が阻害されることで海綿体に血液が流れ込みにくくなり、勃起が困難になるわけだ。勃起障害のある男性とない男性を比較すると、10年以内に前者が心血管疾患を患うリスクは後者より65%増、脳血管疾患では43%増というデータもある。勃起障害は重篤な血管系疾患の前兆現象でもあり、寿命に“イエローカード”が出された状態だと本書は警告する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る