「あとがき」片岡義男著

公開日:

 1970年代から現在まで40年以上にわたって数多くの作品を書き続けてきた著者。作品はもちろん、実はその「あとがき」にも面白いものが多い。本書は、1974年刊行の「ぼくはプレスリーが大好き」から2018年刊行の「珈琲が呼ぶ」までの単行本と文庫に書かれたあとがき150編を刊行順に収録した異色の「あとがき」集。本書を読むと、音楽、写真、映画、本、旅、日本語と英語など、著者が一貫して関心を持ってきたテーマが浮かび上がる。

 特に面白いのは、創作の舞台裏が詳細に明かされているところだろう。

 例えば、雑誌「野性時代」創刊号に書いた短編小説「白い波の荒野へ」がきっかけになって生まれた「波乗りの島」の創作秘話がある。

 80年の角川版、93年のブロンズ新社版、98年に改訂された双葉文庫版、そして2007年にスイッチ・パブリッシングから刊行された「青年の完璧な幸福」のあとがきにも秘話が書かれているが、読み進めると小説の舞台がなぜ日本の日常とかけ離れた設定になったのかが見えてくる。時間がたつにつれて、著者が自作を再発見する過程が興味深い。

(晶文社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る