• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「去年の夏、ぼくが学んだこと」片岡義男著

投稿日:  更新日:

 雑誌にインタビュー記事などを書いている〈僕〉は、仕事先の編集者に見合いをもちかけられる。編集部で仕事をしている三村恭子が田舎に帰るのを引き留めたいというのだ。互いに結婚する気はないが、恭子は〈僕〉の自宅の別棟に住むことになる。

〈僕〉は飲み屋のママである美和子とも焼きぎんなんを口移しで食べさせてもらうような付き合いをしているが、その美和子が店を人に任せるという。父が京都の大学で教えることになったため、〈僕〉が別棟に戻り恭子と美和子が母屋で共同生活することに。そんな中、〈僕〉に小説を書いてみないかという話が……。

 60年代の青春を描いた書き下ろし長編小説。

(東京書籍 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る