日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジャックはここで飲んでいる」片岡義男著

 イラストレーターの池田は、友人の作家・小野田に、自分が語る話を小説にしてほしいという。

 仕事で地方に行ったとき、昭和の残照がある建物の2階にあったバーに入ってバーボンを飲んだ。

 1年後、そのバーに行ったら、かつてのバーテンダーの息子がやっていた。

 3度目に訪れたとき、その商店街があった一角は更地になっていた。

 バーの移転先を訪ねてみたら、店主は女性になっている。

 池田が以前と同じバーボンを注文すると、彼女の目に涙があふれた。

 最初のバーテンダーは、彼が幼いころ別れた父親であり、女性店主は異母妹だったのだ。(表題作)

 現実と虚構の世界が交錯する8つの短編。(文藝春秋 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事