• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「珈琲が呼ぶ」片岡義男著

 珈琲が登場する小説を数多く書いている著者による、珈琲だけをテーマにした初の珈琲エッセー本。

 レコードや映画に登場する珈琲や、執筆場所としてお気に入りの珈琲喫茶の変遷、珈琲の値段や注文の仕方など、珈琲を巡る知られざる45のエピソードがさまざまな視点からつづられている。

 たとえば、雑誌に掲載された一枚の写真を見て“この椅子に座って珈琲を飲みたい”と感じ京都まで出かけるエピソードがつづられたエッセーでは、京都に実在する喫茶店・静香で、開業以来大切に使われてきた椅子に座ることで得られる、特別な時間について語られる。いつ来ても同じ空間であり続けるために、椅子は1脚ずつしか修理に出さないという店で珈琲を飲むために京都に出かけた著者。

 1度目は休みで入れず、2度目に念願の椅子に座ることがかなう。随所に挿入された写真も秀逸。

 本書片手に珈琲を味わいたくなること請け合いだ。(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る