「珈琲が呼ぶ」片岡義男著

公開日:  更新日:

 珈琲が登場する小説を数多く書いている著者による、珈琲だけをテーマにした初の珈琲エッセー本。

 レコードや映画に登場する珈琲や、執筆場所としてお気に入りの珈琲喫茶の変遷、珈琲の値段や注文の仕方など、珈琲を巡る知られざる45のエピソードがさまざまな視点からつづられている。

 たとえば、雑誌に掲載された一枚の写真を見て“この椅子に座って珈琲を飲みたい”と感じ京都まで出かけるエピソードがつづられたエッセーでは、京都に実在する喫茶店・静香で、開業以来大切に使われてきた椅子に座ることで得られる、特別な時間について語られる。いつ来ても同じ空間であり続けるために、椅子は1脚ずつしか修理に出さないという店で珈琲を飲むために京都に出かけた著者。

 1度目は休みで入れず、2度目に念願の椅子に座ることがかなう。随所に挿入された写真も秀逸。

 本書片手に珈琲を味わいたくなること請け合いだ。(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る