「酔象の流儀」赤神諒著

公開日: 更新日:

 天正元年、朝倉との戦いに勝った信長の前に、山崎吉家の首が差し出された。吉家は朝倉将棋で最強の駒、「酔象」に例えられ、朝倉の忠臣としても知られていた武将だ。100年にわたって栄えた越前の名将、朝倉宗滴は、享禄4年、加賀の本願寺との戦いで敗北した。そのとき、本陣を守って踏みとどまった別動隊が地獄の戦場から戻ったと聞いて、宗滴は驚愕した。しかも隊将を討たれた隊を指揮したのは、わずか14歳の山崎吉家だという。

 吉家は慕っていた従兄が討たれ、首を取られたのを必死で奪い返したが、心神喪失状態だった。宗滴が従兄の生首を抱きしめると、吉家の目から涙が滂沱とあふれ出た。

 朝倉家の名将に仕えた武士を描く、心が熱くなる時代小説。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る