「酔象の流儀」赤神諒著

公開日: 更新日:

 天正元年、朝倉との戦いに勝った信長の前に、山崎吉家の首が差し出された。吉家は朝倉将棋で最強の駒、「酔象」に例えられ、朝倉の忠臣としても知られていた武将だ。100年にわたって栄えた越前の名将、朝倉宗滴は、享禄4年、加賀の本願寺との戦いで敗北した。そのとき、本陣を守って踏みとどまった別動隊が地獄の戦場から戻ったと聞いて、宗滴は驚愕した。しかも隊将を討たれた隊を指揮したのは、わずか14歳の山崎吉家だという。

 吉家は慕っていた従兄が討たれ、首を取られたのを必死で奪い返したが、心神喪失状態だった。宗滴が従兄の生首を抱きしめると、吉家の目から涙が滂沱とあふれ出た。

 朝倉家の名将に仕えた武士を描く、心が熱くなる時代小説。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る