「雑賀のいくさ姫」天野純希著

公開日:

 イスパニア船に便乗したジョアンは、傲慢な船長に対する船員の反乱に巻き込まれ、漂流する船にひとり取り残された。食料が底をついたころ、突然、ハポネスの海賊が船に乗り込んできた。海辺の小さな集落に連れていかれ、洞窟に閉じ込められたが、ある日、人影が現れて見張りを叩きつけた。短い刀を握った美しい少女だった。少女は紀伊の領主の娘、鶴と名乗り、屈強な男たちを引き連れてジョアンが乗ってきたイスパニア船に向かった。鶴らが船の積み荷を奪うのを見てジョアンは驚愕するが、彼女は「雑賀のいくさ姫」と呼ばれる水軍の姫だった。そんな彼女に明国海賊の襲撃が迫る。

 戦国末期の西国を舞台に、雑賀水軍の姫が明国海賊の船団と戦う壮大な時代小説。 (講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る