「大友の聖将」赤神諒著

公開日: 更新日:

 大友宗麟に近習として仕える柴田治右衛門は、宗麟の側室、マリアと深い関係になっていた。だが、マリアは体調不良を理由に治右衛門と交わろうとしない。実はマリアは妊娠していたのだが、どちらの子供かわからない。治右衛門はマリアを連れて逃げようと決意した。海を渡れば大友の手は及ばない。宗麟の正室、奈多夫人はマリアを憎み、マリアの信仰するキリシタンの牙城、デウス堂を焼けと命じる。宗麟はキリスト教に寛容だったが、奈多夫人をなだめるためにデウス堂を焼くことに同意した。治右衛門は自分の秘密を知った同輩の神志那信助をひそかに斬殺したが、それも露見しそうだ。急がねばならない。

 後にキリシタン武将、天徳寺リイノと呼ばれる男を描く時代小説。

(角川春樹事務所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る