「大友の聖将」赤神諒著

公開日:

 大友宗麟に近習として仕える柴田治右衛門は、宗麟の側室、マリアと深い関係になっていた。だが、マリアは体調不良を理由に治右衛門と交わろうとしない。実はマリアは妊娠していたのだが、どちらの子供かわからない。治右衛門はマリアを連れて逃げようと決意した。海を渡れば大友の手は及ばない。宗麟の正室、奈多夫人はマリアを憎み、マリアの信仰するキリシタンの牙城、デウス堂を焼けと命じる。宗麟はキリスト教に寛容だったが、奈多夫人をなだめるためにデウス堂を焼くことに同意した。治右衛門は自分の秘密を知った同輩の神志那信助をひそかに斬殺したが、それも露見しそうだ。急がねばならない。

 後にキリシタン武将、天徳寺リイノと呼ばれる男を描く時代小説。

(角川春樹事務所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る