「大友の聖将」赤神諒著

公開日:

 大友宗麟に近習として仕える柴田治右衛門は、宗麟の側室、マリアと深い関係になっていた。だが、マリアは体調不良を理由に治右衛門と交わろうとしない。実はマリアは妊娠していたのだが、どちらの子供かわからない。治右衛門はマリアを連れて逃げようと決意した。海を渡れば大友の手は及ばない。宗麟の正室、奈多夫人はマリアを憎み、マリアの信仰するキリシタンの牙城、デウス堂を焼けと命じる。宗麟はキリスト教に寛容だったが、奈多夫人をなだめるためにデウス堂を焼くことに同意した。治右衛門は自分の秘密を知った同輩の神志那信助をひそかに斬殺したが、それも露見しそうだ。急がねばならない。

 後にキリシタン武将、天徳寺リイノと呼ばれる男を描く時代小説。

(角川春樹事務所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る