「ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!」武村政春著

公開日: 更新日:

 インフルエンザが大流行している。原因はいわずもがな、インフルエンザウイルスへの感染だが、なぜこれほどまでに猛威を振るうのか。そもそも、ウイルスとは何なのだろうか。

 その答えを教えてくれるのが、武村政春著「ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!」(さくら舎 1500円+税)である。ウイルスといえば病気の原因というイメージが強く、何とも不思議なタイトルだが、本書ではウイルス研究の第一人者が、ウイルスの生態を余すところなく紹介している。

 ウイルスは「生物」と「物質」の隙間的な存在だ。生物は脂質でできた膜に包まれた細胞でできており、外界から取り入れた物質でエネルギーをつくる代謝の仕組みと、自分と同じ仲間を増やす自己複製の機能もある。ところが、ウイルスにはこうした仕組みがない。細胞を持たず、代謝を行わず、自己複製もできない。それでは、なぜインフルエンザのような重い症状が表れるのか。ウイルスとは、遺伝子となるDNAあるいはRNAが、タンパク質でできたカプシドという殻で包まれた単純な構造でできている。そして細胞内に入り込むと、自身の殻を壊して遺伝子の元を放出。すると細胞は、ウイルスをせっせと複製するウイルス工場となってしまう。1個のウイルスでも、24時間後には100万個になるという爆増ぶりだ。

 麻疹や肝炎、エイズなど、恐ろしい病気の原因となるウイルスだが、実は近年、人間の胎盤やヒトゲノムは、太古の昔にウイルス感染して変異し、できあがったものであるという研究報告がある。さらに本書では、かつて生物だったとみられる新たなウイルスについても解説している。果たしてウイルスは、敵なのか味方なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る