「ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!」武村政春著

公開日: 更新日:

 インフルエンザが大流行している。原因はいわずもがな、インフルエンザウイルスへの感染だが、なぜこれほどまでに猛威を振るうのか。そもそも、ウイルスとは何なのだろうか。

 その答えを教えてくれるのが、武村政春著「ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!」(さくら舎 1500円+税)である。ウイルスといえば病気の原因というイメージが強く、何とも不思議なタイトルだが、本書ではウイルス研究の第一人者が、ウイルスの生態を余すところなく紹介している。

 ウイルスは「生物」と「物質」の隙間的な存在だ。生物は脂質でできた膜に包まれた細胞でできており、外界から取り入れた物質でエネルギーをつくる代謝の仕組みと、自分と同じ仲間を増やす自己複製の機能もある。ところが、ウイルスにはこうした仕組みがない。細胞を持たず、代謝を行わず、自己複製もできない。それでは、なぜインフルエンザのような重い症状が表れるのか。ウイルスとは、遺伝子となるDNAあるいはRNAが、タンパク質でできたカプシドという殻で包まれた単純な構造でできている。そして細胞内に入り込むと、自身の殻を壊して遺伝子の元を放出。すると細胞は、ウイルスをせっせと複製するウイルス工場となってしまう。1個のウイルスでも、24時間後には100万個になるという爆増ぶりだ。

 麻疹や肝炎、エイズなど、恐ろしい病気の原因となるウイルスだが、実は近年、人間の胎盤やヒトゲノムは、太古の昔にウイルス感染して変異し、できあがったものであるという研究報告がある。さらに本書では、かつて生物だったとみられる新たなウイルスについても解説している。果たしてウイルスは、敵なのか味方なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る