「長生きしたければのどを鍛えなさい」大谷義夫著

公開日:

 まずはこのテストを行ってみて欲しい。水をひと口飲んで口の中を湿らせたら、人さし指をのど仏のやや上に当て、のど仏が動くのを確かめながら唾液をゴックンとのみ込んでみる。このゴックンを30秒間で何回できるか挑戦してみよう。

 のみ込む回数が多いほど“のど年齢”が若いということになる。10回以上できればのど年齢は20代。50代なら7回できれば年相応だ。しかし、30秒で5回以下の人は要注意。のどの筋力が衰えており、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが非常に高くなっているためだ。

 のどの筋力が必要なのはのみ込むときばかりではない。口から異物や病原菌が侵入したときにこれを排出させる“咳反射”も、のどの筋力に左右される。のみ込む力が強い人は咳反射も起こりやすく防御反応が高いが、のみ込む力が衰えている人は咳反射も弱く誤嚥性肺炎をはじめ風邪やインフルエンザなどにもかかりやすいということになる。

 のどの筋力が衰えても、日々のトレーニングで鍛え直すことが可能だ。顎の下に両手の親指を当てて押し上げつつ、顎を下げながら「イィー!」と10秒間声を出してみよう。のど仏周辺に力が入り、のどの筋トレに有効だ。また、咳反射を高めるには横隔膜や肋間筋を鍛えるといい。タオルを肩幅の広さで両手に持って腕を頭上に伸ばし、息を吐きながら体を横に倒して体側を伸ばすストレッチがお勧めだ。

 のどのトレーニングを習慣づけて健康長寿を目指そう。

(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  9. 9

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  10. 10

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

もっと見る