北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 徴産制とは、日本国籍を有する満18歳以上、31歳に満たない男子すべてに、最大24カ月間「女」になる義務を課す制度である。2092年、国民投票により可決されて本書が始まっていく。

 なぜこの制度が始まったかというと、女性のみ発症する悪性インフルエンザ(しかも若年層ほど死亡率が高い)が大流行し、10代女性の9割、20代女性の8割が日本から消えたからである。ほぼ同時に、画期的な性転換技術の開発に成功し、可逆的に性別を変えることが可能になったのも、徴産制を生み出すきっかけとなった。

 日本民族を守るためには男が女の代わりに出産することが必要だ、というわけなのである。国民的アイドルグループのリーダーがいち早く性転換し、人工授精で出産し、我が子を抱きながらインタビューに答える映像がネットで発信され、その「新時代」が始まっていく。

 性転換とはいっても、ブサイクな男が美女になるわけではなく、デカくてブサイクな男はそのままデカくてブサイクな女になるだけだったり、農村は中国企業が経営する巨大農場で占められ、日本人は雇われていたりするなど、そういう小ネタがあちこちにあるのもいい。

 物語は、5人の男の場合を描いていくが、そういう時代になったらどんなドラマが生じるのか、どんどん引き込まれていく。

 男女が逆転する世界を描いた村田基著「フェミニズムの帝国」を想起する傑作だ。

  (新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る

人気キーワード