「感染症の世界史」石弘之著

公開日:  更新日:

 人類は、さまざまな対抗手段で感染症と戦ってきた。しかし、感染症の原因となる微生物も、人間が免疫力を高め、防疫体制を強化すれば、それに対抗する手段を身につけてきた。その終わりなき戦いの歴史を振り返るサイエンス本。

 農業の開始によって定住化すると、人間同士、人間と家畜が密に接触するようになり、人間と病原体との関係が変化。まず、集団発生したのは水を介して感染する病気だった。その代表であるマラリアをはじめ、コレラやペスト、SARSなど、社会の変化のスキをつくように流行する病原体と人間の関係を解説。

 さらにピロリ菌やセックスで感染してがんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)、インフルエンザ、エイズなど人類を脅かす感染症の正体に迫る。(KADOKAWA 1080円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る