「感染症の世界史」石弘之著

公開日:  更新日:

 人類は、さまざまな対抗手段で感染症と戦ってきた。しかし、感染症の原因となる微生物も、人間が免疫力を高め、防疫体制を強化すれば、それに対抗する手段を身につけてきた。その終わりなき戦いの歴史を振り返るサイエンス本。

 農業の開始によって定住化すると、人間同士、人間と家畜が密に接触するようになり、人間と病原体との関係が変化。まず、集団発生したのは水を介して感染する病気だった。その代表であるマラリアをはじめ、コレラやペスト、SARSなど、社会の変化のスキをつくように流行する病原体と人間の関係を解説。

 さらにピロリ菌やセックスで感染してがんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)、インフルエンザ、エイズなど人類を脅かす感染症の正体に迫る。(KADOKAWA 1080円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る