公開日: 更新日:

「『農業を株式会社化する』という無理」内田樹、藤山浩、宇根豊、平川克美著

 農水省と経産省のデタラメ指針にふりまわされる日本の「農」。そのあるべき未来は――。


 グローバル経済のもとで農業に何が起こったか。94年、NAFTA(北米自由貿易協定)が発効したメキシコでは米国から大量に安いトウモロコシが流れ込んだため、トルティーヤの材料となるトウモロコシ栽培をする農家がなくなった。ところがエネルギー危機でトウモロコシがバイオマス燃料の材料になるとわかったとたん、価格は7倍に高騰。メキシコ人は毎日の食事に困ることになった。グローバル化に限らず、これが「農業をビジネス化する」ことの実態なのだ。

 4人の著者は思想家から実際に農業にたずさわる実践者まで、それぞれ立場は異なるが、農業への理解と思いは深い。先のメキシコの話は内田氏の資本主義批判の一節。他方、自称「百姓」の宇根氏も「農業は資本主義とは相いれない」とする「農本主義」を説く。近代の失敗を乗り越えるための農業論だ。

(家の光協会 1400円+税)

「農と土のある暮らしを次世代へ」菅野正寿、原田直樹編著

 3・11の原発事故で壊滅的な被害を受けた福島県の農業は、いまどうなっているのか。絶望的な状況下でもあきらめず、有機農業を軸に復興をめざした農家は確かに存在した。本書はそんな農家とそれを支えた農学者たちの7年間にわたる協働の記録。

 放射性セシウム汚染の農作物への影響、チェルノブイリと比較した福島の里山の状況、地元の「道の駅」での取り組みの実態など、よそでは聞けない話を詳細に知ることができる。単なる安全神話とは違う、希望の農業論。

(コモンズ 2300円+税)

「本当はダメなアメリカ農業」菅正治著

 実はアメリカの農業は日本以上にダメである、ということを知っているだろうか。農産物の輸出でアメリカは世界一。その大半はトウモロコシと大豆だが、これらと綿花の9割以上が遺伝子組み換え(GM)。特にモンサント社はGM作物の種子販売で全米一。もとは強力除草剤で急成長し、ついで除草剤への耐性を持つ大豆を自前で開発して躍進した最大手だ。

 いまこのモンサントに大きな反対論が広がり、米農業界は「脱GM」を宣言した仏ダノンなどの外国企業やオーガニック志向の消費者と既存のGM勢力とのあいだで戦争状態になっている。

 本書はほかにもエリー湖の農業汚染問題や鳥インフルエンザ、移民排除による労働力不足と農業従事者の自殺問題など多岐にわたる米農業の問題をリポートする。著者は時事通信社のデジタル農業雑誌編集長。

(新潮社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る