「もつれ」ジグムント・ミウォシェフスキ著 田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 日曜日の朝、ワルシャワの教会の施設で殺人事件が発生し、検察官のシャツキが現場に呼び出される。右目を焼き串で貫かれた被害者は、施設を借りてセラピーを行っていた精神科医ルツキの4人の患者の1人テラクだった。通り魔的な強盗の犯行でなければ、ルツキと3人の患者の中に犯人がいるはずだ。シャツキは、患者から話を聞く。

 しかし、3人ともテラクとは初対面で何も知らないという。セラピーでは参加者が他の者の家族の代理を務めるファミリー・コンステレーションという療法が行われていた。捜査が進む一方で、弁護士の妻との関係に悩むシャツキは、取材に来た若い女性記者にひかれ悶々とした日々を送る。

 ポーランド発の極上ミステリー3部作第1弾。

(小学館 970円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る