「真夜中の太陽」ジョー・ネスボ著 鈴木恵訳

公開日:

 オスロを逃げ出したヨンは、白夜で一日中太陽が沈まないノルウェー極北の寒村・コースンにたどりつく。少数民族・サーミ人の村だ。教会で一夜を過ごしたヨンは、翌朝、教会の堂守のレアとその息子・クヌートと知り合う。偽名を名乗り、狩猟が目的だとウソをつくヨンに、レアは村はずれの狩猟小屋で寝泊まりするよう勧める。銃を列車に忘れてきたと語るヨンに、レアはタラ漁で不在の夫のライフルまで貸してくれる。オスロで「漁師」と呼ばれる麻薬密売の元締に雇われ、集金人兼始末屋をしていたヨンは、殺せと命じられた標的に買収され、逃げてきたのだ。追っ手に怯えながら暮らすヨンは次第にレア母子と心を通わす。

 北欧ミステリーの名手による最新刊。

(早川書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る