「真夜中の太陽」ジョー・ネスボ著 鈴木恵訳

公開日: 更新日:

 オスロを逃げ出したヨンは、白夜で一日中太陽が沈まないノルウェー極北の寒村・コースンにたどりつく。少数民族・サーミ人の村だ。教会で一夜を過ごしたヨンは、翌朝、教会の堂守のレアとその息子・クヌートと知り合う。偽名を名乗り、狩猟が目的だとウソをつくヨンに、レアは村はずれの狩猟小屋で寝泊まりするよう勧める。銃を列車に忘れてきたと語るヨンに、レアはタラ漁で不在の夫のライフルまで貸してくれる。オスロで「漁師」と呼ばれる麻薬密売の元締に雇われ、集金人兼始末屋をしていたヨンは、殺せと命じられた標的に買収され、逃げてきたのだ。追っ手に怯えながら暮らすヨンは次第にレア母子と心を通わす。

 北欧ミステリーの名手による最新刊。

(早川書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る

人気キーワード