「真夜中の太陽」ジョー・ネスボ著 鈴木恵訳

公開日: 更新日:

 オスロを逃げ出したヨンは、白夜で一日中太陽が沈まないノルウェー極北の寒村・コースンにたどりつく。少数民族・サーミ人の村だ。教会で一夜を過ごしたヨンは、翌朝、教会の堂守のレアとその息子・クヌートと知り合う。偽名を名乗り、狩猟が目的だとウソをつくヨンに、レアは村はずれの狩猟小屋で寝泊まりするよう勧める。銃を列車に忘れてきたと語るヨンに、レアはタラ漁で不在の夫のライフルまで貸してくれる。オスロで「漁師」と呼ばれる麻薬密売の元締に雇われ、集金人兼始末屋をしていたヨンは、殺せと命じられた標的に買収され、逃げてきたのだ。追っ手に怯えながら暮らすヨンは次第にレア母子と心を通わす。

 北欧ミステリーの名手による最新刊。

(早川書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  8. 8

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る