「ドイツの新右翼」フォルカー・ヴァイス著 長谷川晴生訳

公開日: 更新日:

 ドイツの新右翼は、かつては左翼が体制に抗議するときに用いてきたポップでサブカルチャー的な手法を学習し、それを意図的に取り入れることで権威主義的反乱を企てる者たちの支持を得てきた。そして2017年9月、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」がついに議席を獲得。さらに同党は第3党にまで躍進し、昨年10月には、政権与党のキリスト教民主同盟(CDU)を率いてきたメルケル首相に、次回の党首選不出馬を宣言させるまでに至っている。

 本書はドイツの新右翼がどのようにして議会で議席を取るまでに成長していったのか、その手法と過程を詳細に明らかにした、今緊急に読まれるべき一冊だ。

(新泉社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  6. 6

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る