「憎しみに抗って」カロリン・エムケ著 浅井晶子訳

公開日:

「出てけ、出てけ」と怒号が飛び交う中、顔を歪ませた少年がバスを降り、最前列の2人の女性は恐怖におびえながら肩を寄せ合う――。ドイツ東部ザクセン州のクラウスニッツにバスで到着した難民たちを住民100人余りが取り囲み、収容施設への入所を阻んでいる映像だ。

 ところ変わってアメリカ・ニューヨーク州のスタテンアイランドの路上。体の大きな黒人男性、エリック・ガーナーが白人警官2人と言い争っている。ガーナーがたばこを不法に売っていると難癖をつける警官たちに対して抗議しているのだ。そのうち他の警官たちもガーナーを取り囲み、1人が彼の首を絞め、「息ができない」と訴えているにもかかわらず、そのまま首を絞め続け死なせてしまう。

 本書は、2016年、メルケル首相が難民受け入れを表明し、ドイツ国内で激しい論議が巻き起こる中、ジャーナリストである著者が政治的、宗教的、文化的な対立を超えた相互理解の可能性を示し、ドイツ図書流通連盟平和賞を受賞。著者は先の2つの例をはじめ、なぜ世界中で他者への集団的な憎しみが高まっているのかを分析する。

 そこに共通するのは憎む対象に対する根拠なき敵意だ。ある集団(ユダヤ人、女性、黒人、性的マイノリティー、難民、イスラム教徒……)をよく知ろうとせず蔑視し、不純なものとレッテルを貼り、その対象なら、好きなように誹謗(ひぼう)し、おとしめ、怒鳴りつけ、暴力を振るってもいいと思い込む。

 では、こうした憎しみに立ち向かうにはどうしたらいいのか。それは憎む者たちに欠けている姿勢をとることだ。つまり、相手を正確に観察し、差異を明確にし、自分を疑うことをやめないこと。これによって、憎しみという不明瞭な塊がひとつの要素に解体される。憎しみが蔓延(まんえん)する現在、本書は希望の碇となるだろう。

(みすず書房 3600円+税)

<狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る