「恭一郎と七人の叔母」小路幸也著

公開日: 更新日:

 造園業を営む祖父・更屋原史の家で生まれた恭一郎は、当時同居していた7人の叔母に見守られながら育った。8人姉妹の長女の母は、結婚半年後に夫を事故で失った。恭一郎を身ごもっていた母は、夫の弟との再婚を希望する婚家を出て、実家に戻ったのだ。

 正月、更屋家では8人姉妹とその家族が集まり、すき焼きを食べるのが長年の習慣だった。恭一郎が中学1年の正月も例年通り、全員が集まった。その日、恭一郎は次女の志乃子叔母さんが発した何げない一言で、彼女が自分の担任の明石と浮気したことに気づく。聡明な恭一郎に隠し事ができないことを悟った志乃子は、恭一郎にすべてを打ち明ける。

 8姉妹とその家族の人生を恭一郎の視線から描く大家族小説。

(徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る