「冥土ごはん 洋食店 幽明軒」伽古屋圭市著

公開日: 更新日:

 悠人はにおいに誘われ、路地の奥にある洋食屋「幽明軒」にたどり着く。選んだオムライスはこれまでで一番おいしかった。 失業中の悠人は、壁に張られた店員急募の張り紙に名乗りを上げ、その場で採用される。店は店主の九原とその妻・香子、娘の果菜子による家族経営だった。

 バイト初日の閉店後、悠人が掃除していると閉じた扉からにじみ出るように美しい女性が現れた。どう見ても幽霊だが、香子は慌てず接客。この店は人生の最後に訪れるあの世とこの世をつなぐ洋食屋だった。九原は明治39年生まれで21歳で死んだという女性のために「ライスオムレツ」を作る。(「別れのライスオムレツ」)

 現世への思いを残した死者たちの最後の晩餐を描いた短編集。 (小学館 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る