「ロング・ロング・ホリディ」小路幸也著

公開日:

 1981年、札幌の大学に通う20歳の幸平は、講義以外の時間のほとんどをバイト先の喫茶店「D」で過ごしていた。アルバイト仲間は、留年を重ね25歳のリーダー格のナオキら、個性豊かで働いていて心地よい。

 ある日、店に東京にいるはずの6歳上の姉が幸平を訪ねてきた。旭川の実家を出たままの姉と会うのは7年ぶりだった。商社で働いているはずの姉は理由も言わずに幸平の部屋で居候を始める。姉は、幸平の先輩の恭子や、ナオキを慕う女子高生のヒロコら常連客とすぐに親しくなる。そんななか、バイトの兄貴的存在で、店を統括する社員の岡本さんが、社長と喧嘩をして、辞めてしまい、バイトたちは動揺する。

 Dで働く若者たちの成長と葛藤を描く青春小説。

(PHP研究所 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る