「ロング・ロング・ホリディ」小路幸也著

公開日:

 1981年、札幌の大学に通う20歳の幸平は、講義以外の時間のほとんどをバイト先の喫茶店「D」で過ごしていた。アルバイト仲間は、留年を重ね25歳のリーダー格のナオキら、個性豊かで働いていて心地よい。

 ある日、店に東京にいるはずの6歳上の姉が幸平を訪ねてきた。旭川の実家を出たままの姉と会うのは7年ぶりだった。商社で働いているはずの姉は理由も言わずに幸平の部屋で居候を始める。姉は、幸平の先輩の恭子や、ナオキを慕う女子高生のヒロコら常連客とすぐに親しくなる。そんななか、バイトの兄貴的存在で、店を統括する社員の岡本さんが、社長と喧嘩をして、辞めてしまい、バイトたちは動揺する。

 Dで働く若者たちの成長と葛藤を描く青春小説。

(PHP研究所 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る