「いきぢごく」宇佐美まこと著

公開日: 更新日:

 友人と旅行代理店を経営している42歳の鞠子には、部下で11歳年下の南雲紘太という恋人がいる。紘太がライブバーでピアノを弾いたとき、鍵盤の上で優雅に動く指を見て、あの指で触れられたいと思ったのだ。だが、紘太の若さに付き合うことに疲れた鞠子は別れようとするが、絶望した紘太はマンションの屋上から飛び降りる。

 実は鞠子は姉の夫、幹久に恋していて、一度、過ちを犯したことがあった。

 二度と姉を裏切りたくないと思っていたのに、海外で暮らしていた姉夫婦が帰国し、ある夜、幹久が訪ねてくる。そして、最後に鞠子が知った真実とは……。

 父の書斎で見つけた遍路日記の女の不倫と自分の邪恋を重ね、恋の罠に落ちて懊悩(おうのう)する女を描く。

(角川春樹事務所 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る