「骨を弔う」宇佐美まこと著

公開日: 更新日:

 川の増水で崩れた堤防の土中から、人骨のようなものが露出して大騒ぎになったが、よく調べたら理科の教材として使われている骨格標本だった……。そんな地方紙の小さな記事を見た家具職人の本多豊は、数十年も昔の小学生時代に仲間と一緒にいたずらで山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。

 当時のリーダー的存在だった佐藤真実子の発案で、いけ好かない担任の教師を困らせてやろうと学校の骨格標本を盗み出し、結局その標本は森の中に深い穴を掘って埋めたのだ。記事にあった発掘場所と、骨のあった場所とは異なっていたが、豊はふと「あのとき埋めたのは本当に標本だったのか」との疑念を抱く。当時一緒にいたずらに参加した友人と共に記憶をたどっていくのだが……。

 昨年「愚者の毒」で第70回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞した作家による最新作。幼い頃の思い出から推理を重ねて思わぬ事実に行きあたる。話の中に著者が出現する趣向も面白い。

(小学館 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

もっと見る