• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「骨を弔う」宇佐美まこと著

 川の増水で崩れた堤防の土中から、人骨のようなものが露出して大騒ぎになったが、よく調べたら理科の教材として使われている骨格標本だった……。そんな地方紙の小さな記事を見た家具職人の本多豊は、数十年も昔の小学生時代に仲間と一緒にいたずらで山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。

 当時のリーダー的存在だった佐藤真実子の発案で、いけ好かない担任の教師を困らせてやろうと学校の骨格標本を盗み出し、結局その標本は森の中に深い穴を掘って埋めたのだ。記事にあった発掘場所と、骨のあった場所とは異なっていたが、豊はふと「あのとき埋めたのは本当に標本だったのか」との疑念を抱く。当時一緒にいたずらに参加した友人と共に記憶をたどっていくのだが……。

 昨年「愚者の毒」で第70回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞した作家による最新作。幼い頃の思い出から推理を重ねて思わぬ事実に行きあたる。話の中に著者が出現する趣向も面白い。

(小学館 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る