「骨を弔う」宇佐美まこと著

公開日:  更新日:

 川の増水で崩れた堤防の土中から、人骨のようなものが露出して大騒ぎになったが、よく調べたら理科の教材として使われている骨格標本だった……。そんな地方紙の小さな記事を見た家具職人の本多豊は、数十年も昔の小学生時代に仲間と一緒にいたずらで山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。

 当時のリーダー的存在だった佐藤真実子の発案で、いけ好かない担任の教師を困らせてやろうと学校の骨格標本を盗み出し、結局その標本は森の中に深い穴を掘って埋めたのだ。記事にあった発掘場所と、骨のあった場所とは異なっていたが、豊はふと「あのとき埋めたのは本当に標本だったのか」との疑念を抱く。当時一緒にいたずらに参加した友人と共に記憶をたどっていくのだが……。

 昨年「愚者の毒」で第70回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞した作家による最新作。幼い頃の思い出から推理を重ねて思わぬ事実に行きあたる。話の中に著者が出現する趣向も面白い。

(小学館 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る