「食べたくなる本」三浦哲哉著

公開日: 更新日:

 20代前半、10カ月のフランス滞在から帰国した著者は、空港に降り立った時、日本の街は醤油と魚の匂いに包まれていると改めて気づいた。真夏の正午に出迎えにきた友人とビールを飲み、日本のビールを味わい直したような強烈な感動を覚えた。汗ばみながら飲む一杯のビールのうまさを完全に忘れていたのだ。

 それはヴィム・ヴェンダースの「ベルリン・天使の詩」の一場面と重なった。不老不死だが肉体を持たない天使が、人間の踊り子に恋をして人間になり、一杯のコーヒーを飲んで幸せそうな笑みを浮かべる。著者が成田で飲んだビールは、このコーヒーと同じ「絶対の美味」だったのだ。(元天使のコーヒー)

 映画批評・研究者が「食」を語るエッセー集。

(みすず書房 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る