「愛し続ける私」十朱幸代著

公開日:

 芸能生活60年を迎えた女優、十朱幸代の初の自伝。俳優・十朱久雄を父に持ち、幼い頃から人前に出るのが好きだった。15歳の時、父親について見学に行ったNHKでスカウトされ、連続テレビドラマ「バス通り裏」の元子役に抜擢された。学校を早退して、夜7時15分からの生放送に出演、お茶の間の人気者になった。せりふを忘れても動じない天真爛漫な少女だった。

 十朱幸代は1942年、東京・日本橋生まれ。3人きょうだいの真ん中で、幼少時を奈良で過ごした。

 8歳で上京し、中学時代から少女雑誌のモデルを始めた。父の資質を受け継いだのか、ごく自然に女優への道を歩みだす。5年間続いた「バス通り裏」の後、木下恵介監督の映画「惜春鳥」で、美少年だった津川雅彦の相手役を務めた。成り行きで始めた女優業を自分の仕事にする、と決めたのはこの頃だった。

 テレビが映画より軽く見られていた時代、テレビ出身の駆け出し女優は、スターの相手役や脇役に便利に使われながら、女優魂を目覚めさせていく。師匠はいない。劇団の先輩もいない。学校で学んだこともない。手探りで女優の階段を上がっていった。そして30代を迎え、芸術座の舞台「おせん」で史上最年少の座長を務め、舞台に開眼する。

 その間、私生活では、実質的な夫婦関係にあった小坂一也との別れがあった。その後のモテ期到来で「恋多き女」と呼ばれたが、いつも結婚より女優を選んでしまう。好きな相手にのめり込んでしまうため、「恋愛すら、仕事をする上で本当は邪魔だった」とさえ言う。

 60代の終わりには、痛む両足首の大手術を乗り越えて舞台に復帰した。さまざまな女を演じ、恋を重ね、自らを熟成してきた女優は今、自由で孤独な自分を楽しんでいる。「今の私の姿は、私自身が選んだ結果」。きっぱりした生き方が潔い。

(集英社 1700円+税)

愛し続ける私

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る