「一字違いの語彙力」山口謠司著

公開日: 更新日:

 気前よく人に食事や金品を提供することを「大判振る舞い」というが、「大判」ではなく「大盤」が正解。もともとは「椀飯振る舞い」という江戸時代の中期から使用例が見られる言葉で、読みは「おおばん」ではなく「おうばん」。年に一度の正月などに一家の主人が親族を招いて開く盛大な宴のことを指したともいい、明治末期から次第に「大盤」と書くことが定着した。

 ほかに、「除行運転」「汚名挽回」「魔天楼」「間一発」「重復」「プリント基盤」「肉迫」など、ついついやってしまう間違い語や、「侃々諤々」「剛の者」「青天の霹靂」など丸のみで覚えるに限る“ややこし語”までの語彙力アップのテキスト。 

(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る