• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外国人が教えてくれる日本の魅力編

 日本に魅せられて在住10年以上という外国人も珍しくない昨今、彼らの描くものはもはや、単なる異国情緒の域にあらず。やたらと擬態語・擬声語を乱発する日本人の言葉づかいや、プールで休憩時間になったら、だれひとり文句言うことなく一斉に休憩に入る従順さなどに日本の文化の特徴を嗅ぎ取るあたり、お主やるな、とガテン。そんな人たちが書いた面白日本リポートを一挙紹介。

「英国人記者の抱腹レポート」という副題がついた「『ニッポン社会』入門」は発行部数6万部を突破。著者コリン・ジョイスは1992年に来日し、神戸で日本語を学ぶ。そこで知った「ずんぐりむっくり」という言葉に衝撃を受ける。世界の言語で最もコミカルな音の配列ではないか! ペラペラ、イライラ、シクシク、ペコペコなど擬態語・擬声語は「日本人の素晴らしい共有財産だ」と感心する。

 埼玉で英語教師などをした後、英紙「デーリー・テレグラフ」記者となり、英国に日本のニュースを送った14年間の体験から、「プールは日本の縮図だ」と断言する。初心者、上級者、ウオーキング用とコースが分かれ、休憩時間がきたら疲れてなくても休まねばならず、スキンヘッドで髪の毛がなくても水泳帽をかぶらなければいけない。もちろん、イギリスのプールにも規則はあるが、誰もそれを守ろうとしないし、守らせようともしないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る