「裸の華」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 ステージ中に足を骨折したストリッパーのノリカは、納得できる踊りができなくなり、ファンに別れも告げずに引退。踊り子デビューした札幌に戻り、ダンスシアターを開店するために奔走する。

 店舗を仲介してくれた不動産屋の竜崎が、ダンサーやバーテンらのスタッフも集めてくれるという。面接の日、竜崎がダンサー候補の瑞穂とみのりを連れてきた。2人の踊りを見たノリカは、みのりのダンスの技術の高さに驚かされる。みのりは中性的で愛想がない分、瑞穂には可愛らしさがあった。

 ノリカが2人の採用を決めると、バーテンダーの資格を持つ竜崎がカウンターに立ち、今度は自分の面接をしてほしいと言いだす。

 直木賞作家が踊り子として生きる女性の矜持と葛藤を描いた長編小説。

 (集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード