「それを愛とは呼ばず」桜木紫乃著

公開日:  更新日:

 失業して故郷の新潟で再就職した亮介は、10歳年上の女社長・章子に求婚され結婚。以来10年、副社長として章子を支えてきたが、章子は交通事故で意識が戻らず、寝たきりになってしまう。章子の息子・慎吾に会社を追われた亮介は、東京の不動産会社に再々就職する。知人が支配人を務める老舗キャバレーに挨拶に行った亮介は、ホステスの紗希と出会う。タレントとして所属する芸能事務所の契約を打ち切られたばかりの紗希だが、亮介の隣に座っているとなぜか明日からも頑張ろうと思えてくる。数カ月後、北海道でリゾートマンションを売りながら妻の看病で新潟に通う亮介を紗希が訪ねてくる。

 誰もが予想できない驚愕の結末までイッキに読ませる長編サスペンス。

(幻冬舎 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る