「それを愛とは呼ばず」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 失業して故郷の新潟で再就職した亮介は、10歳年上の女社長・章子に求婚され結婚。以来10年、副社長として章子を支えてきたが、章子は交通事故で意識が戻らず、寝たきりになってしまう。章子の息子・慎吾に会社を追われた亮介は、東京の不動産会社に再々就職する。知人が支配人を務める老舗キャバレーに挨拶に行った亮介は、ホステスの紗希と出会う。タレントとして所属する芸能事務所の契約を打ち切られたばかりの紗希だが、亮介の隣に座っているとなぜか明日からも頑張ろうと思えてくる。数カ月後、北海道でリゾートマンションを売りながら妻の看病で新潟に通う亮介を紗希が訪ねてくる。

 誰もが予想できない驚愕の結末までイッキに読ませる長編サスペンス。

(幻冬舎 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る