「それを愛とは呼ばず」桜木紫乃著

公開日:  更新日:

 失業して故郷の新潟で再就職した亮介は、10歳年上の女社長・章子に求婚され結婚。以来10年、副社長として章子を支えてきたが、章子は交通事故で意識が戻らず、寝たきりになってしまう。章子の息子・慎吾に会社を追われた亮介は、東京の不動産会社に再々就職する。知人が支配人を務める老舗キャバレーに挨拶に行った亮介は、ホステスの紗希と出会う。タレントとして所属する芸能事務所の契約を打ち切られたばかりの紗希だが、亮介の隣に座っているとなぜか明日からも頑張ろうと思えてくる。数カ月後、北海道でリゾートマンションを売りながら妻の看病で新潟に通う亮介を紗希が訪ねてくる。

 誰もが予想できない驚愕の結末までイッキに読ませる長編サスペンス。

(幻冬舎 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る