「光まで5分」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 主人公は、生まれ育った北海道から遠く離れた沖縄で、体を売って暮らしているツキヨ。観光マップには載っていない那覇の路地裏の店「竜宮城」で客をとって過ごしている。あるとき、歯の痛みに耐えられなくなったツキヨは客に教えられたブラックジャックというあだ名を持つ、もぐりの歯医者がいる場所を訪ねる。そこは、タトゥーをいれる人が通うタトゥーハウス「暗い日曜日」。彫師をしている万次郎と名乗る男が、ツキヨの歯の治療をしてくれた。万次郎と一緒に暮らしているヒロキとも気が合い、ツキヨは竜宮城を出て万次郎たちと一緒に暮らし始めるのだが……。

「雪虫」で第82回オール讀物新人賞、「ラブレス」で第19回島清恋愛文学賞、「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞した著者による最新作。幼い頃、義理の父にされるがまま秘密の遊びをされ、母からは見て見ぬふりをされて育った女を主人公に、あたたかな場所を求めて流されるように生きてきた女性のあるがままの日常が描かれる。希望を持てないまま、死に場所を探すようにして生きるしかない人間の切なさが伝わってくる。

(光文社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る