「藻屑蟹」赤松利市著

公開日: 更新日:

 福島県C市のパチンコ店で店長として働く雄介は、原発事故後、町にあふれる除染作業員や補償金で裕福な暮らしをする避難民にいら立ちが募る。使う目的もなく、ただ大金を夢見る雄介は、6年後、友人の純也に誘われ除染作業員になる。

 工務店の社長の娘婿に収まった純也は、裏金づくりに余念がない。作業員宿舎の管理人を任された雄介は、長年、原発作業員として働いてきた高橋の面倒を見るよう指示される。高橋は純也の大切な金のなる木のようだが、詳細は分からない。次第に高橋と心を通わすようになったある日、高橋はそろそろ死ななくてはいけないと言いだし、雄介に純也への伝言を託す。

 除染現場と震災の闇をリアルに描いた第1回大藪春彦新人賞受賞作。

(徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る