「藻屑蟹」赤松利市著

公開日: 更新日:

 福島県C市のパチンコ店で店長として働く雄介は、原発事故後、町にあふれる除染作業員や補償金で裕福な暮らしをする避難民にいら立ちが募る。使う目的もなく、ただ大金を夢見る雄介は、6年後、友人の純也に誘われ除染作業員になる。

 工務店の社長の娘婿に収まった純也は、裏金づくりに余念がない。作業員宿舎の管理人を任された雄介は、長年、原発作業員として働いてきた高橋の面倒を見るよう指示される。高橋は純也の大切な金のなる木のようだが、詳細は分からない。次第に高橋と心を通わすようになったある日、高橋はそろそろ死ななくてはいけないと言いだし、雄介に純也への伝言を託す。

 除染現場と震災の闇をリアルに描いた第1回大藪春彦新人賞受賞作。

(徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る