北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日:

 異色の漁師小説である。一本釣りの漁師たち5人組がいる。35歳の新一を除けば、あとの4人は50代半ばから60代半ば。みな、ワケありの男たちだ。

 その5人が根城にしているのは日本海に浮かぶ孤島。この島から漁に出て、時代遅れの一本釣りで鯖を仕留め、浜までの3時間で塩漬け、さらには、ぬか漬けでヘシコを作る。そんな日々を送っている男たちに、明るい未来はなく、今日をただただ生きている。20年も経てばこの船団で残るのは自分だけだ、と新一は考えている。

 そこに現れるのが、割烹の女将、恵子。もっと魚を持ってくればもっと買う、と怪しげに近づいてくる。船頭の権座65歳は悪い気がしない。それだけならまだよかったが、次に登場してくるのは、巨額な資産を持つIT会社社長のドラゴン村越と、そのパートナーのアンジェラ・リン。彼らは、もっと人を雇い、鯖(ヘシコ)を中国に売りさばくビジネスを考えて、この荒くれ漁師軍団に近づいてくる。やり方ひとつで漁業は儲かるビジネスなのだ。かくて不穏な空気が漂って、風雲急を告げてくる。

 著者の赤松利市は、第1回の大藪春彦新人賞を受賞した人で、本書はその長編第1作(受賞作ではない)。「62歳 住所不定 無職 平成最後の大型新人 鮮烈なるデビュー」という帯の惹句が強い印象を残す。造本装丁も素晴らしい。

 (徳間書店 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る