「検事の信義」柚月裕子著

公開日: 更新日:

 物語は、東京地検から米崎地検に配属されて5年目になる検事・佐方貞人が、担当になった殺害事件に疑問を持ったところから始まる。

 認知症だった母親・道塚須恵を息子・昌平が殺害した事件で、本人は介護疲れから殺害したと自供しており、一見何の問題もないようにも思えるのだが、被害者の遺体発見から逮捕までの2時間に、昌平がなぜ遠くまで逃げなかったのか、不思議に思ったのだ。佐方は、昌平と関わりのあった人に聞き取りを進める。すると、さまざまな証言から当初考えられていた昌平とは全く別の人物像が浮かびあがってきた。(「信義を守る」)

最後の証人」「検事の本懐」「検事の死命」に続く、累計部数40万部突破の人気の「佐方貞人シリーズ」第4弾。本書には、「罪はまっとうに裁かれなければならない」という信条を持つ佐方の姿を描いた「裁きを望む」「恨みを刻む」「正義を質す」「信義を守る」の4つの短編が収録されている。しがらみも忖度もなく、ただ事実を正確に見極め、検事としてのまっとうな仕事をクールに遂行する佐方のブレのない姿に、しびれること必至だ。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード