「ファクトフルネス」ハンス・ロスリングほか著 上杉周作ほか訳

公開日: 更新日:

 低所得国に暮らす女子の何割が初等教育を修了するか。A20%、B40%、C60%。答えはC。もっと少ないと思い込んでいた人が多いのではないか。

 本書の冒頭にはこうした3択問題が13項目並び、温暖化問題を除く12項目(貧困、教育、エネルギー、人口問題など)で、先進14カ国1万2000人のほとんどが正答率が3割以下で、例は最も低い正答率の問題。いかに我々の直感が現実と離れているか、つまり世界の現状を「悪い」方向で考えているかを指摘する。

 では、なぜ我々はそのように考えてしまうのか。医師として長年ユニセフや世界保健機関で活躍した著者のハンスは、それは事実に基づいて(ファクトフル)世界を見ることができていないからだという。世界は悪くなっているというネガティブな思考、パターン化や単純化などさまざまな思い込みによって事実を曲げてしまう。そんな思い込みを排すべく、本書には豊富な事例と統計を基に、この数十年間で世界の貧困率は急速に改善されていることが示されている。間違いなく、本書を読むと世界が変わる。

(日経BP社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る