「ファクトフルネス」ハンス・ロスリングほか著 上杉周作ほか訳

公開日: 更新日:

 低所得国に暮らす女子の何割が初等教育を修了するか。A20%、B40%、C60%。答えはC。もっと少ないと思い込んでいた人が多いのではないか。

 本書の冒頭にはこうした3択問題が13項目並び、温暖化問題を除く12項目(貧困、教育、エネルギー、人口問題など)で、先進14カ国1万2000人のほとんどが正答率が3割以下で、例は最も低い正答率の問題。いかに我々の直感が現実と離れているか、つまり世界の現状を「悪い」方向で考えているかを指摘する。

 では、なぜ我々はそのように考えてしまうのか。医師として長年ユニセフや世界保健機関で活躍した著者のハンスは、それは事実に基づいて(ファクトフル)世界を見ることができていないからだという。世界は悪くなっているというネガティブな思考、パターン化や単純化などさまざまな思い込みによって事実を曲げてしまう。そんな思い込みを排すべく、本書には豊富な事例と統計を基に、この数十年間で世界の貧困率は急速に改善されていることが示されている。間違いなく、本書を読むと世界が変わる。

(日経BP社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード